適した勉強法で目指せる公認会計士【難関試験も花丸合格】

レセプト作成能力

勉強

調剤事務を通信講座で学び、試験合格者が増えています。その合格者も地域にある薬局を始めとして、調剤部門を置いているドラッグストアでの働き場所も相応にありますので、資格取得を目指すことの意味は大いにあると言えるでしょう。

Read More

根本的な小論文対策

勉強

小論文の添削は基本的に身の回りの環境が整っていないと自分の文章がいいのか悪いのかどうかについての判断ができないのでインターネットを活用した通信制のサービスを使ったほうが自分の文章の問題点を解決できます。

Read More

ボールペン字講座

勉強

通信教育は比較的安く、働きながら隙間の時間に勉強してキャリアアップを目指せる手段である。転職に有利な資格をとることもできるし、そこまで大袈裟に考えなくても趣味の幅を広げるなどといった楽しみで始める人も多い。

Read More

勉強法のポイント紹介

公認会計士のための最適な勉強法が知りたいならこちらのサイトで紹介していますよ。自分に合った勉強法を見つけましょう。

公認会計士の勉強計画の立て方

勉強

公認会計士に求められるものは、 それは人によって答え方が違います。 しかし一般論としてこれだけは言えることがあります。 それは時間の逆算です。 これは公認会計士の試験だけではなく、どの資格試験にも共通していえることです。 ネットで調べると分かりますが、公認会計士で必要な勉強時間というのが 大体3000時間から4000時間ぐらいあります。 ここで大事なのは圧倒的な勉強量に怖気づくのではなくて、 平均的なデータで分かるこの数千時間から逆算していって、 自分が1日何時間勉強すれば到達できるかという逆算を立ててみてください。 ただやみくもに出題範囲が膨大な公認会計士の試験範囲をすべて網羅 しようと考えていては時間がいくらあってもたりません。 ですのでやるべきことは試験日までどれぐらいの日にちが残されており、 休日、平日の仕事の合間に使える勉強時間がどれぐらいかをしっかりと 見定めることです。

時間を決めたら着手する科目を選択

まず公認会計士の試験と一口に言っても、 一つの科目でも莫大な量があるにもかからず、 それを数科目以上をこなすため時間配分には注意が必要です。 いくら数千時間が必要だからといって、 優先順位を決めずに時間がかかる科目ばかりをやっていては、 なかなか消化することはできません。 公認会計士の試験でもっとも時間がかかる科目が「財務会計論」といわれていますが、 例えばこういった専門性が高くなおかつ勉強時間を大幅に割くような科目は 一番初めに着手すべき科目ではありません。 公認会計士の勉強を始めて勉強する人ほど時間のかかる科目をがっちりと 確保しようとしますが、 公認会計士の試験で大切なのは確実にとれる得意な科目を 一番最初に手を付けることが 重要です。 大学受験でもまずは簡単な問題から解いて余った時間で難しい問題に着手するということをよく聞いたと思いますが、 こういった公認会計士の試験でも勉強時間が比較的少なく済み 点数がとりやすい科目をまず一番最初に勉強したほうが、 おなじ勉強時間を使うとしても精神的な余裕が出てきます。